ホームページ制作 福岡【ホームページ制作のエディス】.

【ブログ活用法②】もう困らない!ブログネタの見つけ方

集客・アクセスアップ

前回のブログに引き続き、読まれるブログの書き方の続編として、今回はブログネタの見つけ方についてご説明します。
前回書いたブログ記事と少し関連する部分がありますので、【ブログ活用法①】 読まれるブログの書き方も一緒に読んでみてくださいね。

今回はブログのネタの見つけ方についてご紹介します。
あくまでも一例ですので、参考までに「こんなやり方もあるのね」くらいの気持ちで読んで頂けますと幸いです。
ブログを活用していく中で、良いやり方が見つかると思います。

 

-shared-img-thumb-N912_atamawokakimushiru_TP_V

悩みや疑問を解決するお役立ち記事はメリットがたくさん

インターネットを使って検索するのはどんなときですか?
多くの場合、悩み事や疑問、問題点を解決する方法を探すときにインターネットで検索することが多いのではないでしょうか?

例えば、

  • ○○の使い方
  • ☆☆の方法

などです。

実際にGoogleで「換気扇 掃除 方法」と検索すると、下記のようなページが検索結果の一番上に表示されました。(2016年1月1日時点)

自分でやったら意外とカンタン! レンジフードのお手入れ法~整流板つきタイプ

アドレスからすると、花王のお役立ちサイトのようです。

実際に換気扇を掃除している様子を写した写真や一連の流れがとても分かりやすく解説されていますね。
恐らく、初めて自宅の換気扇を掃除する方にとっては、とても役に立つページのはずです。
また、写真の中に自社の商品を登場させることで、さりげない宣伝効果も期待できるかもしれません。

 

私は、このような記事のことをお役立ちブログやお役立ち記事と言っていますが、お役立ち記事のメリットは時間が経っても活用できるところにあると考えています。

例えば、ムースタイプのヘアワックスをネットで販売しているとします。
商品発送のお知らせメールや商品に関するお問い合わせメールなどで、

「詳しい使用方法は下記ページをチェックしてくださいね!」という文言と使用方法のページのアドレスを記載することで、デジタル版の取扱説明書を案内する事ができるので、

  • お客さまは問い合わせする手間が減る
  • 店舗側は詳細な説明メールを作成する手間が省ける

双方にとってメリットがあります。
さらに、定期的に情報を更新することで常に最新の情報を提供できます。

(応用編)

ここからは応用編です。

段階ごとに記事を分ける

初級編、中級編、上級編というように段階やステップごとに記事を分ける方法です。
すべての内容を1つの記事に集約してしまうと、内容が分かりづらくなったり、最後まで読んでもらえない可能性がある場合に有効です。
また、情報を小出しにすることで「次の記事も読みたい」と思ってもらえるかもしれません。

 

関連する内容のブログ記事同士をリンクして色々な記事を読んでもらう工夫をする

このブログ記事を見ていただくとお分りいただけると思いますが、上記の「段階ごとに記事を分ける」で切り分けた関連する記事同士をリンクし、ページ間を行ったり来たりできるようにすることで、閲覧者はより多くの情報を得ることができ、結果的に複数のページを見てもらえることにも繋がります。

 

SNSでのシェア

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略称で、代表的なサービスではFacebook(フェースブック)やtwitter(ツイッター)などがあります。
シェアは情報の発信や拡散といった意味で使われています。

SNSでのシェアのメリットは、広く情報を拡散できるところにあります。
今まで、ブログの更新情報などはホームページのみで表示されるのが主流でしたが、SNSが盛んになったことで、ホームページを見に来なくても最新情報を知ることができるため、近年はビジネスツールとしても広く活用されるようになっています。

 

最後に…

誰も読んでいないブログは更新する意味がないのでは…と諦める前に、今回ご説明させていただいた8つのことを実践してみてはいかがでしょうか?
今すぐに結果が出なくても、将来的に御社の知識的財産として有効活用できるはずです。

この記事を書いた人 : 福岡・大分 ホームページ制作のエディス

日高
日高
お客さまの『サービスや商品に対する想い』をホームページを通して具体化できるような制作を心がけています。他部署の会報誌などホームページ以外の制作にも携わっています。