ホームページ制作 福岡【ホームページ制作のエディス】

【永久保存版】”色”から受け取るイメージの重要性

スキルアップ

突然ですが、みなさん寝具の色は何色ですか?
私は、赤・ピンク系のカバーを使っています。が一番安眠出来ない色なんだそうです。

などの暖色系は、気分を高揚させ、緊張を司る交感神経が活発になり、
落ち着かなくなります。
この状態で眠りに入ると、赤色が安眠を阻害し、眠りが浅くなるってしまうそうです。
反対に安眠出来る色はなどのアースカラー

 

鎮静作用が高く、興奮した神経を鎮めてくれる作用があります。
このように、人は色から無意識に思考や感覚を刺激されて、
気分を癒したり明るくしたりする効果を持っています。

buttons
ホームページを初めて見たとき、
上の図のように直感的に色の持っているイメージは伝わって来ます。

e6773cd0fee5bafc1a6ce28a05353fb0_s

サイトで色を決める時は

1.最終目的を考える
訪問者に何を感じてほしいのか、自社のサービス・商品・ブランドなど

 

2.ターゲットに合わせて
サイトのベースカラーは重要です。
年代や性別で色の受け取るイメージは変わってきますので、
ターゲットへの配色のズレがないか。

 

3.色が与える行動と生理的影響を考えて
上の図にあるように色から受け取る生理的影響と
色には人に何らかの行動をとらせる影響があるという事を頭に入れて。

 

色って奥が深いですね。
色は年代や性別によっても感じ方は様々です。
ホームページが見てくれる人に最初にどのような印象を与えているかは色も少なからず影響があると思います。
自社のイメージは何色なのか?どのように感じてほしいのか?
サイト更新やリニューアルしたい時などに上記をふまえてカラー選定してみてはいかがでしょうか。