ホームページ制作 福岡【ホームページ制作のエディス】

【保存版】お客様に読んでもらえるホームページの文章のコツ

ブランディング

58746aaa98971ea1c611516722f9430e_s

ホームページに載せる文章、どうしていますか?

初めてホームページを作成する時に、ホームページ作成業者に「ホームページに掲載する文章をください」と依頼されると思います。
この時、パンフレットと同じ文章を使っていないでしょうか?

ホームページで物が売れないのは、誰に向けられて発信されている文章か分からないから

ホームページで会社のことをしっかり紹介している。自社でできることも伝えている。
だけどホームページからお問い合わせが来ない、商品が売れない…。
そのように思ったことはありますか?

もし心当たりがあれば、それはホームページを閲覧しているお客様が、ホームページに掲載している文章に魅力を感じていないからかもしれません。

 

化粧品を売るホームページに以下の文章が載っているとします。

「これはコスメAです。これを使うと肌が綺麗になります。1日1回の目安で使ってください。お値段は1,000円です。」

ありがちな紹介文のように見えますが、これだと初めてこの商品を買う人にとって「買おう!」という気持ちにはならないと思います。

同じ商品の紹介で、少し文章を変えてみます。

「これは肌荒れに悩む女性のために開発されたコスメAです。
コスメAは繊細な体調の女性のお肌の調子を常に良い状態に保ち続けます。
お仕事などで忙しい女性でも毎日使い続けられるよう、1日1回使用すれば効果を発揮してくれます。
私たちはこのコスメAで全ての女性のお肌の悩みを解消したいと考えています。
長く愛用してほしいから、1,000円とお手に取りやすい価格で提供いたします。」

最初の文章に比べると、少し印象が変わったと思います。

理由としては
*メッセージを伝える相手が女性に限定されたこと
*更に、肌荒れに悩んでいる女性に絞ったこと
*肌荒れに悩んでいる女性にどうなって欲しいかたいう想いが込められていること
がポイントです。

文章を書くを載せる上で大切なのは
読んでいる人が、自分のことだ!と共感できる内容であること、
その為には、誰に向けてメッセージを発しているのかを明確にすることです。

付け加えますと、商品やサービスが誕生するきっかけになったエピソード、商品開発時の苦労話なども合わせて紹介すると、お客様の共感度もよりアップするのでお勧めです!

この記事を書いた人 : 福岡・大分 ホームページ制作のエディス

安藤
安藤
私はホームページをご覧になっている方の動きから、人々がホームページで見たがっている情報などを考察するのが好きで、考察結果からお客様のホームページをより良いものにする為のご提案を致します。よろしくお願い致します。