ホームページ制作 福岡【ホームページ制作のエディス】.

ホームページで会社の「顔」を出す事の重要性

ブランディング

ホームページで売り上げを上げたい、良い人材がいたら採用したい、とりあえず会社の事を知って欲しい…様々なご要望があると思います。
しかしどのような目的でも、ホームページでは共通して大事な事があるのではないかと思います。

それは、その会社の代表やそこで働いている人達の顔を載せる事です。

通常ホームページには「会社概要」「会社案内」のページがあり、そこに会社の情報を掲載しています。
しかし現在はホームページが増えインターネットを利用するお客様の目が厳しくなりましたので、会社の情報や文章だけの挨拶文ではお客様の心を動かす事は難しくなっています。

ホームページを持っている経営者の中には、ホームページで顔を出したくないという方もいらっしゃいますが、その企業の人の顔が見えないと、
「胡散臭い」
「顔を出せないのは、何かやましいことがあるのでは?」
「そもそも存在する会社概要どうかも怪しい」

という印象を与えかねません。

言い換えると、ホームページに企業の顔を載せるだけで、
「誠実な会社っぽい」
「顔が見えるから信頼できる」
「対応してくれる人の顔が分かるから安心してお問い合わせできる」

という印象にする事ができます。

ホームページというデジタルの世界でも、最終的にはアナログ的な、人と人との繋がりが大切なのです。

ページを開いた瞬間の印象アップ!

こちらをご覧ください。
blog02
こちらはディック学園の夏期特訓のページです。
まずはファーストビュー(ホームページにアクセスした時に最初に表示される部分)で家庭教師の先生の顔を載せています。

そして代表の挨拶も顔写真と合わせてしっかり載せました。
blog01

実は弊社代表も過去に『私は、九州でプロ家庭教師の派遣をしてきました。多くの生徒さんを合格に導きました。どうかおたくのお子さんを、僕に任せてくれませんか?』というメッセージと合わせて顔写真を載せたチラシを配布したところ、大きな反響があったそうです。

もしも顔写真に抵抗がある場合は、似顔絵にすると親近感が湧きやすいのでお勧めですよ。
blog03

この記事を書いた人 : 福岡・大分 ホームページ制作のエディス

安藤
安藤
私はホームページをご覧になっている方の動きから、人々がホームページで見たがっている情報などを考察するのが好きで、考察結果からお客様のホームページをより良いものにする為のご提案を致します。よろしくお願い致します。