ホームページ制作 福岡【ホームページ制作のエディス】

季節の変わり目は健康注意! 飲み物を工夫して対策をしませんか?

流行りの話題

季節が秋から冬に向けて本格的に移り変わろうとしている今日この頃。
温かい飲み物が恋しくなる日が増えたのではないでしょうか?
緑茶にコーヒー、紅茶など、日々の中で何気なくとっている飲み物ですが、せっかくなので健康に気を配った物にすれば身体も温まって健康になれて一石二鳥なのでは? と思い、少し調べてみる事にしました。

緑茶

定番オブ定番の緑茶ですが、ビタミンCやカテキンなどが多く含まれており、非常に栄養が豊富です。
また、殺菌作用もあり、風邪や虫歯の予防から、気になる口臭を抑えてくれるなど、様々な効果が期待できます。
さらに、血液をサラサラにする効果もあり、動脈硬化の予防する効果も期待できる、定番だからこそ王道の健康茶なのかもしれません。

 

麦茶

麦茶といえば夏の冷たいイメージですが、ホット麦茶も飲みやすくおすすめです。
とある麦茶のCMでミネラルが入っている事を謳い文句にしているのをご存知だと思いますが、麦茶にはカリウム・マンガン・リンなどのミネナルが豊富に含まれており、疲労回復効果が見込めます。
また、カフェインが入っていないノンカフェインであることも見逃せません。妊婦さんや体質的にカフェインが苦手という方でも安心して飲めます。

コーヒー

あまり健康茶としてのイメージはないかもしれませんが、摂取量に気を付ければ非常に有効な健康茶であることが今回調べてわかりました。
コーヒーにはポリフェノールの一種である栄養が含まれており、これにより老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあり、体を若々しく保つ効果が期待できます。
コーヒーの栄養の代名詞、カフェンにも健康に良い部分があります。それは胃に適度な刺激を与えて胃酸の分泌をうながし、消化の促進する作用があります。飲食店でコーヒーを食後に出される事がありますが、実はこんな効果があったのかと今回調べてみて少し得をした気分になりました。
ただ、カフェインは皆様ご存知の通り摂りすぎると胃酸が分泌されすぎて胃が荒れてしまう事に繋がりますので、コーヒーは1日3~4杯程度に抑えると良いと言われています。

 

ココア

今回調べてみて一番オススメだと感じたのはココアでした。
ココアに冷え性を改善する効果が期待できるのです。昔からココアといえばホットで冬に飲むイメージでしたが、やはりそのイメージには理由があったという事なのではないかと思います。
同様に冷え性に効果のあるとされているショウガよりも体を温める効果があるという実験結果もあるそうです。
さらに、免疫力を高める事ができ、冬場に気になるインフルエンザや風邪の予防にも効果があるとされています。
他にも多くのココアを飲むメリットがあり、ここで書き続けるとココア特集になってしまうので、この辺りで止めておきます。

 

他にも健康に良いとされるウーロン茶やルイボス茶など、様々なお茶がありますが、いずれにしても言えるのは「健康に良いから」といって大量に摂取してしまうと、コーヒーのようにその効果が行き過ぎてしまい、健康を害する事があるということです。
何事も適量を考えて摂取することが何よりも大切だと言う事が改めてわかりました。